メイン
北日本防災設備公式サイト 北海道の非常用発電機の負荷試験点検のサービスならお任せください。

札幌市の助成金で1割負担で設置可能です!

ここ10年で「高齢者世帯で発生した火災」「高齢者が亡くなる火災」の割合が2倍以上に増えています。全体の40%以上が「こんろ」と「ストーブ」による火災です。そこで、札幌市では火災の熱を感知して、自動で消火してくれる「自動消火装置」を1割負担で設置できる助成事業が始まりました。

札幌にお住まいの65歳以上が対象です。

札幌市にお住まいの65歳以上の方のみで構成される世帯は2台まで1割負担(3000円~)で自動消火装置を設置できます!500台限定なので、お早めにお問い合わせください!

自動消火装置とは

自動消火装置

自動消火装置のイメージ動画

火災を感知して、自動で液体や粉末の消火薬剤を放出する簡易な消火装置です。複雑な配管施工や電気工事は必要ありません。設置場所や消火用途により、様々な装置を販売しています。高齢者世帯を対象に購入・設置した費用の10分の9に相当する額を助成され、札幌市では、平成30年11月1日から受付を開始しています。

助成金対象になる商品

キッチン専用の小さな消防士!「キッチンエスピオⅡ」

自動消火装置

お客様ご負担額:3,000円

台所での出火をいち早くキャッチし、消火してくれます。火災から消火まで全自動!中性強化液を使用しているので、人体・環境にやさしく安心・安全です。
複雑な配管施工や電気工事の必要はないので簡単に設置できます!

壁面取付式
消火薬剤 強化液1.5L
防護面積 天ぷら火災用0.5平方メートル
放射時間 約32秒
総 質 量 約3.8Kg (取付金具除く)
高さ・幅・奥行 約470mm ・980mm・115mm
耐用年数 5年

火災の感知から消火まで迅速「キッチンレオFHL-4」

自動消火装置

お客様ご負担額:5,000円

基本的な性能はキッチンエスピオⅡとほぼ同じですが、本体がクリーム色なので設置しても目立たないデザインになってます。

壁面取付式
消火薬剤 強化液1.5L
防護面積 天ぷら火災用0.5平方メートル
放射時間 約30秒
総 質 量 約3.6㎏
高さ・胴径 約460mm×約96mm
耐用年数 5年

コンロ火災自動消火システム「トマホークジェットアルファ」

自動消火装置

お客様ご負担額:17,160円

台所のレンジフードに取り付けるだけで、コンロ火災を秒速消火!
コンロ火災を感知すると消火薬剤をシャワーのように放射して火災を秒速で消火します。
キッチンの雰囲気を損なわないデザインで、ドライバー1本で簡単に取り外しが可能なので、レンジフードのお掃除をするときも邪魔になりません。

レンジフード内取付式
消火薬剤 強化液0.55L
防護面積 一般火災用1平方メートル
放射時間 約5.5秒
総 質 量 約1.9kg
直径×幅 45mm×575mm(調整金具により600mm、750mm、900mm幅のレンジフードに取付可能)
耐用年数 8年

住宅用下方放出型自動消火装置「ホームレオFHL10」

自動消火装置

お客様ご負担額:19,900円

ストーブなどの暖房機からの出火の際に全自動で消火してくれます。電源不要なので停電時でも作動します。

壁面取付式
消火薬剤 強化液3.0L
防護面積 一般火災用1平方メートル
放射時間 約27秒
総 質 量 約7.8kg
高さ・胴径 約610mm×約135mm
耐用年数 5年

作業風景

お客様の声

素早い対応でよかった!また5年後にお願いします。

札幌市在住 O様(70代)

札幌市手稲区某施設A様

趣味の体操に行った際、介護予防センターの方から勧められた数社の1社が、この北日本防災設備さんでした。他と比較してみてホームページが一番良かったので、連絡してみました。
なんと、連絡した当日に現地調査に来てくれました。また、助成金で1割負担で設置できたのが非常に良かったです!趣味のコーラス仲間にも紹介したいと思います。

出張調査・見積り0円!

安心の明朗会計

札幌市にお住まいの方限定のサービスで、出張調査・出張見積り0円です!

助成金活用により、3千円からお取り付け可能ですので、お好きな商品をお選び頂けます。どの商品が良いか迷われている方は、専門スタッフが最適な商品をアドバイス致しますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

会社概要

事業所 有限会社 北日本防災設備
住所 〒005-0850 札幌市南区石山東7丁目1-1 芸術の森シルトピア 2階
設立 平成30年8月1日
代表者 代表取締役社長 二ッ森 竜也
事業内容 消防設備業全般・電気工事業・負荷試験点検業
TEL 0120-610-645
FAX 011-351-5194
MAIL northjapan.bsft@gmail.com
Facebook
ブログ&ニュース http://northjapan.co.jp/news/
タップで電話がかけられます